【Minecraft 1.7.2~1.7.10】MOD を JAR ファイルに出力する【Forge】

今回は、作った MOD を JAR ファイルに出力するよ!
MOD を JAR ファイルにすると MOD を他の人に配布しやすくなるよ!

SPONSERD LINK

前回は、MOD に情報を付与した。

gradle ファイル

JAR ファイルを出力する為に Gradle というビルドツールを使う。(Make のようなもの)
Forge のソースに Gradle が含まれているので、今回は、それを使うよ!

まず、プロジェクトから JAR ファイルを出力する為のスクリプトを作る。

自作の MOD 用のプロジェクトのトップの階層にファイル build.gradle を新規作成する。

buildscript {
	repositories {
		mavenCentral()
		maven {
			name = "forge"
			url = "http://files.minecraftforge.net/maven"
		}
		maven {
			name = "sonatype"
			url = "https://oss.sonatype.org/content/repositories/snapshots/"
		}
	}
	dependencies {
		classpath "net.minecraftforge.gradle:ForgeGradle:1.2-SNAPSHOT"
	}
}

apply plugin: "forge"

sourceSets {
	main {
		java { srcDirs = [ "$projectDir/java" ] }
		resources { srcDirs = [ "$projectDir/resource" ] }
	}
}

archivesBaseName = "GopichandMod-MC1.7.2"
version = "1.0.0"
minecraft.version = "1.7.2-10.12.2.1121"

[compileJava, compileTestJava].each {
	it.options.encoding = 'UTF-8'
	it.options.compilerArgs += ['-source', '1.7', '-target', '1.7']
}

ハイライトされている部分は、自分が作っている MOD の内容に書き換える。

gradle を起動するバッチファイル

次に Gradle を起動する為のスクリプトを作ります。

build.gradle と同じ階層にファイル build.bat を新規作成する。

@echo off
cd %~dp0
C:\pleiades\workspaces\mc-1.7.2\forge-1.7.2\gradlew build
pause

このファイルを実行すると JAR ファイルを出力が始まる。

プロジェクトの構成

今回、追加したファイルをプロジェクトに含めると下記のようになる。

java
	com.watermelonheadman.gopichandmod
		GopichandMod.java
		Recipes.java
	com.watermelonheadman.gopichandmod.audio
		InstrumentManager.java
		InstrumentSound.java
	com.watermelonheadman.gopichandmod.items
		GopichandItems.java
		ItemGopichand.java
		ItemGopichandBody.java
		ItemGopichandHead.java
		ItemIronString.java
	com.watermelonheadman.gopichandmod.network
		MessageInstruments.java
		PacketHandler.java
resource
	assets.gopichandmod
		sounds.json
	assets.gopichandmod.lang
		en_US.lang
		ja_JP.lang
	assets.gopichandmod.sounds.instruments
		gopichand_pick.ogg
		gopichand_up.ogg
		gopichand_tremolo.ogg
	assets.gopichandmod.textures.items
		gopichand.png
		gopichandbody.png
		gopichandhead.png
		ironstring.png
	mcmod.info
build.bat
build.gradle

JAR ファイルの出力

Eclipse のパッケージ・エクスプローラー上でダブルクリックすると実行できる。エクスプローラーから普通に実行しても良い。

完了まで時間が掛かる。

コマンドプロンプトに BUILD SUCCESSFUL と出力されれば、処理は無事に完了だよ!コマンドプロンプトのウィンドウがすぐ消えてしまって分かり難いけど…!

JAR ファイルは

C:\pleiades\workspace\GopichandMod\build\libs\GopichandMod-MC1.7.2-1.0.0.jar

に出力される。

テスト

出力した JAR ファイルを Minecraft の Game Directory のフォルダ mods に入れて、Minecraft を起動する。

Eclipse から起動した時のように MOD が Minecraft から認識されていれば、成功だよ!

お疲れ様でした!

次回予告

ひとまず、今回で MOD を配布できるようになりました。
そして、著者が過去の作った Minecraft 1.6.4 / Forge 版の“GopichandMod”の Minecraft 1.7.2 / Forge 版への移植が完了しました。

次回からは、叩くと音が鳴るブロックを追加したり、新しい」要素を追加していきたいと思ってるよ!